社長ブログ

わんちゃんOK!

2016/05/04

 

10363865_558470287622774_3292961950567013691_n

 

Lucy&Glutton NYC

毎年、暖かくなってくるとわんちゃん連れのお客様がチラホラ。

今年は積極的に 「わんちゃん大歓迎」の 「わんわん大作戦」を決行!

一部のテラス席になりますが、

リードを繋ぐフックを取り付け準備してお待ちします。

散歩の途中でビールをグビッとなんて最高じゃないですか?

これなら進んで散歩に行っちゃうお父さんも増えるでしょう。

 

写真のわんちゃんは、

マカン、チョロン、チャナンなど仙台エスニック界の重鎮 松郎くんちのハニー。

実は、昨日の夕方も家の前の川原で一緒に遊んだばかり。

松郎くんとハニーがルーシーのテラスで涼んでいるのを想像したりして。

ますます、あの街に必要なお店を目指して・・・

 

Shinji Omiya.

 

 

 

古き良きもの

2016/05/02

inban

 

アンティーク

なんか美しく、高貴で、大切で、貴重で・・・

いい響きですね。

ボクは、スタッフに何度も言います。

古くて手入れを怠り、汚れ、破損していくもの、それはゴミになります。

古くて、丁寧に手入れされ、磨き上げられ、大切に扱うとアンティークになります。

宿もお店も同じ。

古いと汚いは関係性がまったくないと思います。

古くても磨き上げられた廊下、家具、照明、その美しいこと。

昨日、大忠のSHOPにアンティークの食器が多数陳列されました。

明治~大正にかけての食器です。

今は、もう2016年。どんどん昔の食器が無くなっていきます。

印判ものの食器の数も激減だそうです。

大忠では、普段の食卓で、または、お客様をお迎えした時に

遠い昔に思いを馳せることのできる普段使いの食器を多数ご用意しております。

お値段も、街の食器屋さんで、現代の食器を買うのよりお安いかも?

いつもの食卓が、ぐ~とCHICに感じられます。

GW、是非、大忠の玄関脇、SHOPを覗いてみて下さい。

SHOPでのお買い物のみの来館も大歓迎です。

 

Shinji Omiya.

 

 

 

 

ペパーミント

2016/05/01

13094191_1069016329836047_6846088972011697963_n

 

そろそろモヒートが美味しい季節。

今年は八百屋さんが毎日納品してくれるミントではなく

自分で大切に育てたミントを使ってみたくて・・・

昨日、息子とふたりで Garden Garden へ

凄い、人です、本当にスゴイ。駐車場も満杯。

お店もギュウギュウに緑が詰まっています。

水滴を葉にまとい、キラキラして、生き生きしています。

なんか、空気も美味しく感じます。

一時間以上、お店にいたかな? 好きなんです植物。

話しは戻ります。

Lucy&Glutton Bar California では、

毎年、大人気のモヒートをもっともっと美味しくってことで半年前から

丁寧に皮剥きしたライムをラムに漬け込み、自家製のライムラムを準備してました。

グラスに、自分で育てた摘みたてのミントを入れ

サトウキビから精製されるオーガニックのシロップを数滴

小さめにカットしたライムを半分

それを、ペストルで優しく潰します

粗めのクラッシュアイスをグラス半分

ライムを漬け込んだラム酒をちょっぴり多めに注ぎ、

バースプーンで全体を良く馴染ませます。

最後にクラッシュアイスをグラス一杯まで入れソーダでアップ。

どうです、想像してみて下さい。

こんなに美味しく作ってくれるモヒート、飲むしかないでしょ!

今日から Bar California では On Menu

夕暮れの一杯はモヒートから・・・

 

Shinji Omiya.

 

心に残る

2016/04/28

IMG_3571

 

先日、息子と行ったラーメン屋さん

横浜家系ラーメン。濃厚なとんこつ醤油味。

ちょっとおじさんにはキツイかな?

でも、癖になる味わい。

 

頑張ってるな~って感じるラーメン屋さん

まず、お店全体が元気、活力、漲るパワーを感じる。

「いらっしゃいませ~」の元気な声。

強面のスタッフ、でも、凄く丁寧な接客、優しい心配り。

そのギャップがグッとくる。

調理も丁寧。なんか職人気質を感じる。手際もきれい。

すべてに情熱を感じる。

 

でも、一番感心したことは、心配りだね!

本当に自分のラーメンを美味しく食べてもらいたいという思い。

写真は、まだ熱いラーメンをどんぶりからツルツルできない息子の為に準備してくれたどんぶり。

ニクイね。どんぶりをドンと置いていくのではなく。

子供が大好きな海苔をサラリと一枚。そしてニコッリ!

クラクラきます。本当に。

 

似たようなお店が次々にオープン飲食業界。

そこで選ばれるお店の理由は、こんなところにあるのだろう。

人間は、この気配りに最も弱い動物のようだ。

 

Shinji Omiya.

しゃぶしゃぶ

2016/04/26

P021926349_480

 

昨日は、山風木を休館日にしての社員・パート全員でのお食事会。

やっぱり蟹でしょ!ってことで11名で 「和牛・ズワイ蟹のしゃぶしゃぶ」へ

久しぶりにみんな集まっての会食。

日頃の感謝と来期への期待を込めて

会社が企画して、計画して、実行しないと、なかなか開かれない食事会

仕事も一緒、強力なリーダーシップの上にしか、いい宿は実現しない。

ただなんとなくの仕事の中では、超個性的な宿なんてできない。

各店舗が独自でいろいろな事柄を推し進めていく実力を備えてもらいたい。

仕事も懇親も・・・

今の現状では、お店が良くなっていかないのは、全員が理解しているのだから。

 

Shinji Omiya.

 

Bar California 三周年記念CDにも収録されているオキニイリ。

Cero / Summer Soul

 

フレンチ

2016/04/25

main

 

先日、大忠の社員と食事会。

大町のフレンチ プレジール。

オープンからの馴染みのお店です。

ここの佐藤シェフ 元シンガポール日本大使館の料理人。

ちょっとカレー風味のブルギニヨン、香草の使い方など、

オリエンタルテイストのフレンチ。

ぼくのお気に入りは、

フォアグラを使ったバルサミコでいただくサラダ仕立てのお料理や

ツブ貝のブルギニヨンバター焼き

白子のソテー などなど

季節ごとに美味しい料理をいただきます。

そんなお店でワインを飲みながらの食事会。

旅館の話し、趣味の話し、いろいろ話しながらの二時間。

美味しい料理で楽しい時間を過ごしました。

四月が年度末の弊社

五月から心機一転、がんばろうよっていう夜でした。

 

Shinji Omiya.

 

この頃、ドライブ中のヘヴィーローテーション

Suchmos 久しぶりにイカシテル、ジャパニーズバンドです。

グルーブ感が凄い。声もいい。バンドもクール。 お宝発見!

新曲の Stay Tune もいいけど、ボクは、この YMM がお気に入り。

しかもPVよりLIVEがオススメ! 動きが、かっこいいのか?悪いのか?

まずは、どうぞ! ハマルよ。

 

お寿司

2016/04/21

640x640_rect_47910733

 

昨日は、Lucy&Glutton NYC の佐々木調理長と南幅主任と三人でゴハン。

佐々木調理長のお寿司が食べたいというリクエストにお答えして

家の近くの隠れた名店へ。

とっても解りづらい場所になるのですが、

ここのお寿司、銀座で食べたら幾らすんの?

っていう味わいをとってもやさしい料金でいただけます。

 

ここが好きな理由

一生懸命さというか、お寿司への情熱を感じるんです。

握り一つに込められたお客様への思いを感じるんです。

そして美味しい。

だから、この頃、通ってしまってます。

そんなオキニイリのお店にご招待。

何を伝えたかったのか?

もっと美味しく、もっと美味しくっていうココロが伝わる料理とは?

ってことです。

お寿司は、シャリの炊き加減、分量、お魚の鮮度、このバランスを保てれば、まあまあ納得の美味しさ。

でも、もっと美味しく、もっと美味しくという心意気が伝わったでしょ。

だって、海老の上に海老が乗ってるお寿司 食べたことありますか?

 

料理って舌で味わうものだけど、

もっと大切な部分は、ココロでも味わっているのかも?

 

さあ、弊社は、5月から、新しい営業年度がスタートします。

舌でココロで美味しいって感じる料理 たくさん愉しんでもらいましょう。

 

Shinji Omiya.

指針

2016/04/19

20110123_2124826

 

先日、私が副社長を務める 株式会社 サティスファクション

新年度を迎えるに当たり株主様を招待しての懇親会を

大忠で開催していただきました。

株式会社 サティスファクション

仙台、大河原で飲食店を4店舗 経営しています。

社長の井戸沼さんに共感し、会社設立、店舗展開、ともに歩んできました。

 

我が社の強みとは、何を良しとするか、

私達は小さな会社の社長です。

ある意味、自分自身を会社に、店舗に、映し出しているのかもしれません。

そんな時、井戸沼社長は、私にとって素晴らしい指針となっていただいております。

これからも、良き事、悪き事、信念、夢、いろいろ語り合う友でありたいと思います。

これからも宜しくお願い致します。

 

写真のワインは、会社設立の際にプレゼントしたものです。

あれから、まる4年。

井戸沼社長

これからも Rock な人生、一緒に楽しみましょう。

 

Shinji Omiya

キラーチューン

2016/04/15

この頃、通勤の車の中で邦楽を聴くことが多い。

でもちょっと違う聴き方を愉しんでいる。

それは、いわゆる名曲のカバー。

オリジナルの良さを感じることもあれば

また、違った曲の受け止め方ができるもの

オリジナルを超えるもの

大好きな椎名林檎が大好きな曲を歌っています。

そして、唄うって行為は、かなりセクシーなことなんだと感じる曲

Shinji Omiya

空想の旅

2016/04/08

516ZxiXDp1L

 

この頃、立て続けに 沢木 耕太郎 の本を読む。

実に男くさい文章が連なる。

深夜特急、一号線を北上せよ・・・

本の中で旅ができる。

引き込まれていくっていうか、連れていかれてしまう。

これって凄いことでしょ。

旅に出る電車の中、飛行機の中で読んじゃったら、

旅に行きながら、違う旅にでている、みたいな?

ややこしくなってきましたが、

先日、読み終わった本

「波の音が消えるまで」

 

あらすじは

老人が遺した一冊のノート。

たった一行だけ書かれた、「波の音が消えるまで」という言葉。

1997年6月30日。

香港返還の前日に偶然立ち寄ったマカオで、28歳の伊津航平は、

博打の熱に浮かされる。

まるで「運命」に抗うかのように、偶然が支配するバカラに必然を見出そうともがく航平。

謎の老人との出会いが、彼をさらなる深みへと誘っていき…。

緑の海のようなバカラ台には、人生の極北があった。

生きることの最も純粋な形を求めて、その海に男は溺れる。

 

バカラの描写はさておき、マカオを旅することができる一冊。

 

Shinji Omiya.

ご近所の名店

2016/03/25

s_003c

 

美味しいお肉が食べたくなると伺う焼肉屋さんが近所にあります。

バリバリ 青葉通り店

ぼくが高校生のときからあるお店です。

 

お肉も美味しいけど、

お店が好きなのかも?

まず、お客様がいい、身なりをキチンと整え、マナーを守り、

お行儀良く、愉しんでいらっしゃる。

その中に身を置くと、なんとも心地いいものです。

次に、スタッフ。

店長を初め、男性スタッフは年配の方が丁寧に接客してくれます。

自分よりも年配の方にあんなに丁寧にされるとちょっと恐縮です。

でも、優しさが伝わります。

女性スタッフは、明るく、ユーモアがあり、テキパキと仕事をしています。

レストランには、必ず必要な人材です。笑顔がいいね。

お味は?まさに安定の一言につきます。

いつ行っても、美味しく、定量で、鮮度も保てれています。

 

実は、この三つ

飲食店の繁盛のセオリーです。

お店が美しくキレイに保たれ、お客様が快適に過ごせること

サービスレベルが高い状態で均一化されていること

品質にブレがなく、いつ行っても美味しいこと

 

だから、通っちゃうんですね。納得です。

そうそう、このお店、会員カードがあるんだけど、

前に一度、お店に忘れてしまったことがありました。

そしたら、何日か後に、店長のお手紙つきで家のポストに入ってました。

郵便ではなく、店長みずから届けてくれたんです。

そんなところも大好きな理由かも・・・

 

美味しいお肉を食べながらいろいろ考えた夕食でした。

 

Shinji Omiya.

 

3rd Anniversary

2016/03/22

3rd anniversary cd blog

 

Lucy&Glutton Bar California

オープン3周年を記念してのマンスリーイベント

Good Music California.Vol.5  Special Version.

気持ちいい音楽をDJが奏で

それを肴に美味しいお酒を愉しもうっていうイベント。

今回は、3周年記念スペシャルバージョン!

 

25日(金)21:00~スタートのイベントの来場者に

オリジナルCDのプレゼント。

カリフォルニアの海岸線を走る、

PCH(Pacific Coast Highway)をドライブする車の中で聴いてね!

がコンセプトの選曲。

さあ、25日は、Bar California でHIPな夜を・・・

 

Shinji Omiya.

 

 

アーロと少年

2016/03/21

aro

 

先日、観た映画のお話し

アーロと少年

畑を耕し、冬の間の食物をサイロで貯蔵する恐竜。

鶏を飼育し、柵を自ら作り、その柵の中で、安全な生活を送る。

 

もしも、隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅をまぬがれていたら?

というアイデアから生まれた本作では、

一匹の恐竜と一人の少年による、アドベンチャー・ファンタジーを描く。

 

臆病な恐竜と勇敢な少年

初めて、誰かを守りたいって感じることの大切さを教えてくれる作品。

たまには、アリでした。

 

Shinji Omiya.

 

 

三周年!

2016/03/14

GMC Vol5

 

Lucy&Glutton California

おかげさまでオープンから3年。

お客様に感謝申し上げます。

ここのお店、小さな小さなお店です。

でも、お客様との繋がりがとっても強いお店です。

キチンとお店と人を理解していただき、コアなファンになっていただく。

そんなお店をしたくて始めたのが3年前。

まだまだ、数は少ないけど、大好きなお店って言ってもらえるようになりました。

これからも、コツコツ、地道に、進んでいきたいと思います。

 

去年の11月からスタートした

Good Music California も今回で5回目。

三周年記念!としてパァ~っといきたいところですが

Bar California らしく しっとりと行きましょう。

心地よい音楽を肴に、美味しいお酒を愉しむイベントです。

入場料なんかいただきません。

どうぞ、時間がある方は、フラッ~とお立ち寄り下さい。

カリフォルニアの夜が、あなたを待っています。

 

Shinji Omiya

 

Good Music California.Vol.5

3月25日(金) 21:00~25:00

At:Lucy&Glutton Bar California

Info: 022-797-5234

 

 

 

IDEA

2016/03/11

koucha

 

昨日の夕方、待ち合わせの時間にちょっと早かったので

同級生、大ちゃんのお店「梟」で寄り道。

ビール一杯のつもりが、

自家製酒のアイディアをいただいちゃいました。

ウオッカにダージリンティーを漬け込んだ紅茶ウォッカ

それに、ピーチリキュールを少々、冷水でアップ。

さっぱりした味わいのお酒になるんですね~

料理にも合うと思います。

お酒を一滴も口にしない、梟のナオヒロくんが作るお酒です。

彼は、今、飲むことより、作り出すことに夢中のようです。

思いがけない、アイディア収集。

ありがとうございました。

 

Shinji Omiya.