社長ブログ

すごい男

2015/04/24

shinazu

 

この感じ、凄くないですか?

昨日は、

一ノ坊の弘行先輩

仙台の坊ちゃんNo1の嶋津ぼっちゃんとゴハン。

Lucy&Glutton Californiaでお肉を食べて

タコスを頬張りながらのワイン。

う~んワイルド。

それから、歩いて文化横丁のバーへ

お酒を飲みながら、思い出話しに・・・

昨日は、ファッションについて

高校生の頃のハナシ。

パンツはファラーのスラックスかリーバイスの501

ポロシャツはフィラのパイル地、いやいやエレッセでしょ、

いやいや、セルジオ・タッキーニ

靴は、トップサイダーのデッキシューズ

コロンは、ジョーバンのムスク セックス アピール

懐かしい話しが次から次へといっぱいでてくる。

凄く盛り上がって、いつもお約束の最後の〆の話題に、

ねえねえ、時計のバンドにカレンダー付けてたオヤジいたよね~

それで、みんな大爆笑!

どんな高校生、大学生だったんだってことになるけど

本当に楽しく遊んでたと思う、街の大人も寛大で、いつも可愛がってもらった。

 

そんな楽しい夜の別れ際

嶋津ぼっちゃんの足元を見ると、酔いが醒める鮮やかさ。

真っ赤なパンツにミドリのアディダス。

彼いわく 「アディダス x Pharrell Williams」 のコラボシューズなんだって

靴を脱いで、インナーソールに足ツボがプリントしてあることを力説するぼっちゃん。

そんなことどうでもいいんです。

中学生の時、真っ赤なアディダスのスパースターを履いて

校庭にある校長先生が朝礼でありがたいお言葉を述べる台にのぼり

田原俊彦の「ニンジン娘」を唄った君がフラッシュバックしました。

凄い男です。キミハ。

 

Shinji Omiya.

 

もっとおいしく!

2015/04/21

 

DSC07157

先日もお肉の話題でしたが
ゴメンなさい今日もお肉のお話です。
美味しいものはそれなりの価格がする
これ当たり前。
それでも納得、こんな美味しいんだからOK
でもね、いくら安いからって美味しくないって許せない!
人間はそうゆうものです。

お値打ちっていう言葉、よく使います。
価格が高い、安いじゃなく
お値打ち感があるかないかです。
商品の良し悪し、お店の良し悪し、宿の良し悪し
すべてお値打ちだったかどうかだと思う。

大忠でも山風木でもルーシーでもステーキがあります。
今のままでも、美味しい、好評!
でもでも、先日行った Wolfgang’s Steakhous
「感動」しました。
お肉も美味しいけど、熱々感が違う。
お皿ごとオーブンに入れて仕上げをしています。
だから美味しい、

高級ステーキハウス、お値段もそこそこします。
でも、これがお値打ちってことでしょ。
だって、直ぐにまた行きたいんだから。

こんな風に思ってもらえる宿
こんな風に思ってもらえるお店

まだまだ試行錯誤が続きます。

お客様は感動したときのみ「リピート」してくれるのだから・・・

Shinji Omiya.

肉男2号

2015/04/20

mm2_p01

 

 

steak

ウルフギャングで熟成肉に目覚めてしまったワタシ
先日、ダイエー商事の佐藤社長のお店
肉男2号へ
肉男と書いてミートマンと読みます。
1号から来週オープン予定の3号まである人気店です。

熟成肉300g頂きました。
まあ、二人で300gだからペロっといっちゃうんですが・・・
お肉の美味しさもあるけど、
メニューのバリエーションもツボを得てます。
なにより、スタッフが一生懸命。
新人スタッフがボクの席の担当だったけど
充分伝わりました、君の真剣さ。
君のおかげで
いい気分で食事とワインを楽しめたよ。

佐藤社長って言えば
ダイエー商事のお店に行くと必ず合って挨拶をいただく。
っていうことは、各店舗に毎日、顔を出し、お客様に挨拶し
スタッフを労い、料理のクオリティーをチェックする。
毎日やってるんだろうな。

お店を愛してるんでろうな・・・
見習わなくちゃね。

 

Shinji Omiya.

 

Malavita

2015/04/17

e38c58fc

 

まだまだ続く映画生活。

昨日は、Malavita

デ・ニーロとリュック・ベッソンとマーティン・スコセッシの最強トリオ

もう面白くないはずないでしょ!

 

フランスのとある田舎町に、

アメリカ人のブレイク一家が引っ越してきた。

彼らは一見ごく普通のアメリカ人の一家のようだが、

実は主のフレッドは本名をジョヴァンニ・マンゾーニという元マフィアで、

家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、

偽名を名乗って世界各地の隠れ家を転々としていた。

そんなワケありのブレイク一家は地元のコミュニティーに

溶け込もうとするが、かんしゃく持ちのフレッドは事あるごとに

昔の血が騒いでトラブルを引き起こし、

妻マギーと2人の子供も方々でトラブルを起こしてしまう。

そんな中、フレッドに積年の恨みを抱くマフィアのドン・ルッケーゼが

一家の居場所を突き止め、殺し屋軍団を送り込んできた。

かくして平和な田舎町を舞台に、

“ファミリー”VS.“ファミリー”の仁義なき壮絶バトルの火蓋が切られる。

 

っていう内容。

大好きなデ・ニーロの映画っていうことで観たけど、

懐かしく素敵な女性が登場!

ミシェル・マリー・ファイファー

Tequila Sunrise や The Fabulous Baker Boys や Dangerous Minds

なんかでお気に入りの女優。

いい味だしてます。

行く先々で、気に入らないスーパーを爆破しちゃうんだから・・・

スカっとする映画です。

ぜひ、どうぞ。

 

Shinji Omiya.

 

山田画伯

2015/04/16

daisuke

 

先日リクエストした山風木に飾る絵が一枚できました。

山田大輔 画伯の絵です。

大輔と話していると、描く人には描く人ならではの世界観があるのに気付かされます。

どのような想いを絵にしているのか

あれこれ想うことも楽しみのひとつかも。

やっぱり、幾ら高価なポスターでも

本物の絵が発する万感のパワーにはかなわない

あらためて実感。

これから、あと6作品

随時の納品となります。

 

Shinji Omiya.