社長ブログ

Mexican Tacos Festival

2015/09/02

takosu050830.jpg

 

Lucy&Glutton NYC 9月のイベントです。

9月6日~10日 と 9月13日~17日 までの10日間

大人気のタコスを5種類に増やし

しかも、通常1ヶ380円を250円でお楽しみいただけます。

定番のスパイシーミートやアボカドの他、

秋の味覚、きのこをふんだんに使ったタコスやデザートタコスまで全5種類。

これから残暑があることに期待しつつ、

ライトなメキシカンビールとスパイシーなタコスの組み合わせを楽しむ。

Lucy&Glutton NYC 9月の楽しみ方です。

そうそう、Lucy&Glutton California で人気のビール

[ Amigos ]

Lucy&Glutton NYCでも販売開始です。

 

11902332_920371621367186_6002447462742019433_n

 

ライムジュース入りのビール。ライトなテイストだけどアルコールは5.5

グビグビいってほろ酔い間違いなし。

さあ、6日からの Lucy&Glutton NYC スパイシーな夜を・・・

 

Shinji Omiya.

 

 

 

ありがとうございました。

2015/09/01

IMG_2143

 

8月29日 20:00

何故か、降り続いていた雨も上がり、サマーパーティースタート。

オープンと同時にたくさんのお客様にいらしていただきました。

毎回、イベントを企画し、試行錯誤し、当日を迎え、

いろいろあるけど、今回もたくさんの笑顔を見れました。

 

参加していただいたみなさん

そして、笑顔を絶やさずがんばってくれたスタッフ

本当にどうもありがとう。

 

Shinji Omiya.

California Summer

2015/08/28

Poster

 

この頃、寒い日が続いています。

そんな中で、Lucy&Glutton California 明日、パーティー開催です。

今回のコンセプトは

オトナの

アメリカの

BBQ

ボリューム満点の分厚いステーキをムシャムシャと

肉汁したたるスパイシーなチキンをガブリ

日本の焼肉的BBQではないのをやろうよ!そんなノリで開催です。

 

今回、一番に考えていること

at home

お店を通して

お客様がお客様とワイワイ楽しみ、仲間が友達が増える

お客様とスタッフとの距離を縮める

とにかく、ファミリーを作ることが一番の目的。

だから、美味しいお肉と新鮮な野菜

キーンと冷えたお酒

いっぱい、ご用意して待ってます。

 

それでは、明日 8月29日(土曜日) 20:00 にお会いしましょう。

 

Shinji Omiya.

 

 

食べたくて・・・

2015/08/27

640x640_rect_3989326

3ffc8094

 

2ヵ月くらい前かな?

金曜日の夜、仙台駅前で一杯飲みたくて、

お店を探していると、懐かしい看板を発見。

「狸の焼鳥」

20年前くらいによく通った焼鳥屋さん。

金曜日の夜なのに奇跡的に2席空きがあるということで

「ラッキー」的にお店の中へ

オーダーは10本単位で(昔と変わらず)

煮込みはどう?のオススメに、煮込みの美味しさを思い出す。

ほどなく、焼鳥が焼き上がり、一本に噛り付く

昔と変わらぬ味、本当に全然変わっていない、大感激。

煮込みも最高!

 

そして昨日、あれから、ここの軟骨が食べたくて食べたくて

一ノ坊のひっくんと嶋津ぼっちゃんとで行ってきました。

こんなに、あそこのアレが食べたいって強い思いをしたことがないこの頃、

軟骨食べながらビール。かなりの期待。

やっぱり最高!美味しかった!

 

飲みながら、ひっくんが言ってた

「お客様とお店が対等の立場で商いをしている店が少なくなった時代

この感じがいいんだよね~」

う~ん、その通りだと思った。

昨日、今日で出来る雰囲気ではない、

時をかけて作り上げてきたお店だけが醸す味わいだと思う。

こうゆうことが解って飲んでいるのって僕達世代までなのかな~

って思うと、ちょっぴりセンチメンタルになったりしてね。

 

昨日も親友3人、いろいろ語り合った夜でした。

 

Shinji Omiya.

 

 

仕事の流儀

2015/08/26

photo07

 

プロフェッショナル 仕事の流儀 毎回、欠かさず見ているTV番組。

今回は、「小さな名店スペシャル」

街の小さな精肉店と世界一のコーヒーと絶賛される小さなコーヒーショップ。

この2軒、開店を待ちわびたお客様がオープンと同時に押し寄せる。

なにがこうさせるのか? 共通したもの・・・

それは、「お客様にとって最上があること」 これに他ならない。

 

私は、

客室数10室以下の小さな宿を2軒。

30坪と10坪の小さな飲食店を2軒 経営している。

自分の商いにとって小ささとは? と考えると

「良きことの実践」 に時間がかからないというのが最大の強みと考えている。

意思伝達、オペレーションの実行がスピーディーにできるということ。

その利点を使って、「お客様にとっての最上」 を考えたら・・・

こんな素晴らしいお店はないと思う。

この番組を見て思ったことは、 実行力も大切だけど、

最上を考える為、自分自身のポテンシャルを向上させなければということ。

今、現在、各店舗を利用してくださるお客様にとって

「何が最上」 なのか?

 

精肉店店主・畑 肇氏が

番組の最後に 「あなたにとってプロフェッショナルとは?」という質問にこう答えていた

 

お客様が何を求めて来ていらっしゃるのか

どんな思いで来ていらっしゃるのかってことを想像して

自分が何がそのためにできるのかな

とことん考えた上で実行している人

そんな人が、プロフェッショナルではないかと思います。

 

 

その通りだと思います。

ひとつづつ、自分に、またはお店に、当てはめて考えていきたいと思います。

 

Shinji Omiya.

 

プロフェッショナル仕事の流儀

http://www.nhk.or.jp/professional/2015/0824/index.html