社長ブログ

雨音はショパンの調べ

2015/07/16

朝から雨です。

仙台から遠刈田温泉への1時間、雨の強さも場所によっていろいろですね。

「雨だから暇だ」よくお店で聞く言葉。

物販、ラーメン屋さん、食堂、レストラン、バー、みんながそう言う。

でも、天候も立地も、すべてを超越してるお店ってあるんです。

何がお店の力なのか?

商品力、価格、人間力、立地、雰囲気、みんな大事だけど

まずは、何か一つでも突出したお店になろうよ。

平均点じゃだめだってこと。まずは何か突き抜けようよ。

それが個性ってもんでしょ?

面白くもなんともない宿やお店をするつもりは毛頭ない。

何度も言うが、個性的でキラッと輝く宝石のような商売がしたいのだ。

そんなことをあれこれ考える、毎日1時間のドライブ。

雨の日には、やっぱりこの曲でしょ。

 

 

Lucy&Glutton California

2015/07/07

amp

 

ずいぶんとブログを書いていませんでした。

ゴメンナサイ!

先月の24日からず~とLucy&Glutton Californiaに係りっきりきりでした。

カウンター内にあったガスレンジやオーブン、フライヤーを撤去し

サウンドシステムを新設。

スピーカーは JBL の S101

アンプは Mcintosh のMC2105

レコードを厚みのある深い音色で聴かせてくれます。

その音楽を肴に美味しいお酒とそのお酒をもっと美味しくしてくれるお料理を愉しむ

そんな楽しみ方をしていただきたいお店です。

7月1日に新業態でのオープン

でも、何よりも変わったのは、自分の気持ちのような気がします。

私たちの商売は単に美味しい料理と美味しいお酒を売ればいいというものではありません。

そのお店がお客様にとってどんな経験を提供できるのか?

それを価値として商売をしていかなくてはなりません。

Lucy&Glutton California どんな経験をお客様へ提供できるのか?

お店は星の数ほどあります

選ばれるお店になるためには、かなりの努力が必要だと思います。

お店もスタッフも考え方も行動も 完全にリセットしよう。

初心に返ってスタートです。

皆さんに南カリフォルニアのバルを体験させられるように・・・

そして、お客様のサティスファクションの為に・・・

 

Shinji Omiya.

Kat Mcdowell Live

2015/06/11

photography_by_eric_micotto_61

 

今週の日曜日 6月14日 Lucy&Glutton NYC にて Kat Mcdowell のライブを開催します。

父親がニュージーランド人で母親が日本人のハーフ。 東京生まれ。

父の国であるニュージーランドに5歳のときに移住。

7歳のときに日本人である母親がファンだったイルカのテープを聴き、ヴォーカリストへの夢を抱くようになった。

そんなバックグランドを持つ彼女。

 

さあ、今週の日曜日は、窓を開け放った店内で、

普段よりもちょっぴりキツメのお酒に酔いながら

潮の香りのする音楽を満喫してみては・・・

 

今回もSOLD OUT!

Sorry!
The tickets are Sold Out.
Kat Mcdowell Spring Tour 2015
すべてのお席が完売いたしました。
ご了承の程宜しくお願いします。

Lucy&Glutton NYC

 

さあ、これからのルーシー

ライブやパーティー イベントが目白押しです。

FB、ブログでの告知となります。

毎回 SOLD OUT!  のイベントです。

是非、お早めにチケットの購入やお席の予約をオススメします。

 

Shinji Omiya.

 

 

 

 

アンティーク

2015/06/09

Cali

 

毎日のそうじ

サッサッサッとテンポよく行われる掃除、

ガチャガチャ音がする掃除、

なんか音でその人のお店に対する愛情が解ります。

古くてもピカピカに磨き上げられたお店。

ただただ古さだけが目立つ、愛情を感じないお店。

 

先日の朝、Lucy&Glutton California に行きました。

毎日こんな丁寧に掃除をしてもらっているお店は幸せです。

 

美しいものを丁寧に丁寧にキレイに使っていくとアンティークと言われ価値が生まれます。

でも、美しいものを雑に手入れもせずに使っていくとガラクタになります。

これ、お店にもあてはまること。

愛情を持って接してますか・・・宿にお店に

 

ボクは、

小さいけど宝石のような輝きをもったお店でありたいのです。

 

さあ、アンティークって言われるお店になろうよ。

 

Shinji Omiya.