社長ブログ

Car Wash.

2018/10/22

 

洗車しました。

すみずみまでピカピカにするのとっても根気のいる作業です。

でも、終えると気持ちが良い!

細かい作業を繰り返して、ゴシゴシ。大変な作業。

何故か終わると愛着が増す。

車を愛おしく感じる。

何年か乗った車でも、納車時の如く、ワクワクする。

この気持ち

お店も同じだと思う。

 

細部の細部までこだわって、

手をかけて、ピカピカに整えて、維持して、

そうすると、本当はお店のことが好きになるハズ。

愛着が増すハズ。

そうでない人は、

やってるようで全然足りてないか、

初めからこの仕事が向いていないと思う。

 

何度も言うように

お店も料理もサービスも

細部にこだわらなければお客様の支持は得られない。

絶対にファンは付かない。

 

「神は細部に宿る」

 

細かなことほど、社員、アルバイト一丸になって

こだわっていきたいものです。

作る人、売る人、すべての人々が常に思うことです。

 

Shinji Omiya.

 

Drive.

2018/10/19

 

仙台でたった一軒になってしまった屋台。

「大分軒」

昨日は、大分軒の親父さんとお母さんを誘ってドライブ。

いつも楽しみにしてくれているんです。

いつも暖かく迎えてくれて楽しい時を過ごさせてもらっている屋台。

二人の人柄なのでしょう。

そんな二人の喜ぶ顔が見たくて温泉に誘うのです。

仙台から数件の産直をまわって野菜を買い込み

大忠の温泉を愉しみ、鴨そばを食べて、また大根をいっぱい買って仙台へ。

6時間くらいの短い旅ですが、とっても楽しかったみたい。

 

 

親父さんに常々言われることがあります。

「お店の人が待ち焦がれるお客さんでありなさい」

「そういう人でなければ、あなたの使うお金は死に金です」

この頃、あの人、来ないな~って

思ってもらえるお客さんでありなさいって意味です。

大切なことです。

 

天気の良く

気持ちも晴れ晴れした一日でした。

 

Shinji Omiya.

Evolution.

2018/10/18

 

昨日は、大忠の佐々木くんと雄三くんとゴハン。

大胡椒で絶品の仙台牛を堪能したはずなのに

まだ、お腹が空いてるとい言い出す二人。

それじゃあ、美味しいジンギスカンでも食べましょうと

いつものサッポロ成吉思汗へ

ここのイチオシは「コチョリサラダ」

絶対オーダーするマストアイテム。

昨日も安定の美味しさ。

でも何か違う、コクが増している?

よく見ると、パルメザンチーズが振りかけてあります。

あんなに美味しい料理なのに進化している。

この心意気というか熱心さに感動。

やっぱり美味しいからってアグラをかいてちゃダメだね。

美味しいものをもっと美味しく。

改めて思った夜でした。

大忠の二人にいろいろなヒントを投げかけた夜でした。

何に気付いて、どう行動するかは本人次第。

ただの食事会で終わるか?二人への投資になるのか?

じっくり見ていきたいと思います。

 

Shinji Omiya.

 

Nui HOSTEL & BAR LOUNGE

2018/10/12

 

昨日、一昨日、東京へ

友人の快気祝いを・・・

二軒目に前から気になっていた Nuiへ

 

 

東京蔵前のホステル兼バーラウンジ。

玩具会社の元倉庫を改装したホステルは

外国人旅行者を中心に世界中から人が訪れます。

一階スペースは宿泊客以外も利用可能なラウンジとなっており、

昼はカフェ、夜はバーとして地元の人や宿泊客で賑わっています。

ラウンジは広く、開放的。

まったくサービスなしの放っておかれ感が最高に心地良い。

飲み物はカウンターでキャッシュオン。スナックもアリ。

様々な人種が集まり、それはそれは楽しそう。

でも一番盛り上がってたのは、僕達5人だけど。

 

 

店内からお部屋に上がる、倉庫用の古いエレベーターが最高にクール。

遊びながら学ぶ、そして直ぐに商売に反映する。

今回の東京で、また、何かが変わるでしょう。

 

Shinji Omiya.

 

just the usual stuff.

2018/10/09

 

ランチについてくる至って普通のサラダ。

でも、初心に返った一品。

サラダボウルが冷え冷えなのです。

やっぱりこういう気遣いができているお店は美味しいんだと思います。

昔は、Lucy&Glutton.NYC でも Lucy&Glutton.California でも

冷え冷えのサラダ用の取り皿をお客様に利用してもらってました。

いつのまにか、そういう気遣いが無くなってしまったこと

深く反省。

今日は、Lucy&Glutton.NYC の佐藤伸哉くんとランチ。

直ぐに、パスタランチとロコモコのサラダを冷え冷えのボウルで出すよう指示しました。

ディナーは、サラダ用の冷たい取り皿をご準備します。

ちょっとづつでもチェンジしましょう。

気持ちと行動!

こういう気付きを共有していきたいと思います。

 

Shinji Omiya.