社長ブログ

Car delivery.

2017/04/13

steve-mcqueen2

 

キャプテン ハリウッド

Steve McQueen

男はこうでなくっちゃという指標がボクの中には結構あります。

彼が友達でもなく、同じ時代を共有した人間でもありませんが

スティーブ・マックイーンが大好きなんです。

 

steve-mcqueen-67-McQueen-et-ses-machines

 

McQueen Machines っていう本も出てるくらいの車好き。

嬉しいことに車の好みも似てるようです。

 

IMG_4816

 

マックイーンに憧れて、ここ数年乗り継いできたスポーツカー

 

5年前

 

02

 

そして

 

img908

 

つい先日に納車されたばかりのオキニイリ

5年前の車と同じだけど、今度の車はエンジンが違うんです。

とっても早いんだぞー

 

2015-BMW-Z4-1

 

まずは、車からマックイーン気取りで・・・

内面磨きも忘れずに・・・

 

Shinji Omiya.

 

 

 

 

 

Spaghetti and meatballs.

2017/04/10

meatball

 

Lucy&Glutton NYC の新メニューです。

ミートボールのせアラビアータ

ボクの大好きなパスタメニューです。

15年くらい前になるかな?

ハワイのノースショアにスパゲッティーニという小さなイタリアンレストランがあって

ノースに行くとそこで、いつもミートボールのせトマトソースのパスタを食べてた。

 

2015091500

 

丁度、ジュラシックパークの撮影が行われてて、

そこのスタッフにケータリングサービスをしているレストラン。

小さなお店だけど、いつも美味しい匂いがしてたのを思い出す。

そんな思いでのパスタ。

ルーシーでは、大好きなアラビアータソースでスパイシーに仕上げてもらった。

こんな私的な思い出の詰まったメニューだけど

美味しいから食べてみて下さい。

最後の〆の食事と思っていたら

ついついワインをもう一杯なんてことになっちゃうから。

 

Shinji Omiya.

 

 

Anniversary

2017/04/09

birthday

 

記念日宿になりたい。

晴れの日にお泊りいただく宿でありたい。

これは、大忠、山風木、スタッフ全員で共有する思いです。

大切な日にご利用いただける宿であり続けたい。

それには、相手を思いやる心を持ち続けることが重要。

毎日、毎日、お誕生日を祝っていると

いつのまにか惰性が生まれるもの。

写真は先日の大忠でお作りしたバースデープレートです。

ぼくは、どんどん上手になっていると思う。

上手という表現ではなく、ますます気持ちを込めて作っていると思う。

社長として、こういう気持ちがとても嬉しい。

僕たちの仕事は、想いを馳せることから始まる。

相手の気持ちを思いやり、少しでも喜んでいただく。

それが、この仕事の原点であり、醍醐味でもある。

毎日、どんな気持ちで過ごしてますか?

自分の仕事の先にある、お客様の喜びを想像して仕事をしていますか?

 

もっと、もっと

晴れの日に泊まっていただける宿になりましょう。

晴れの日に乾杯をしてもらえるレストランになりましょう。

晴れの日を締め括るバーになりましょう。

さあ、みんな、お客様に想いを馳せましょう。

 

Shinji Omiya.

Ever Green

2017/04/04

IMG_5793

 

これから、一年の中でもっとも山風木が美しく感じる新緑の季節になります。

去年、山風木の森は、たくさんの木々を伐採しました。

ただ切ったのではありません。

森の中に日光をくまなく当て、木々を元気にするために間引いたのです。

今までは、背の低い、若い木々が中々成長しなかったのですが

今年は、新芽の付き具合が多いかも?

たくさん成長することでしょう。

切った木々は、自然の塀に加工してます。

お部屋の工事も終盤にさせかかってきました。

それに伴い、庭の整備も進んでいます。

今年の山風木、いつもより新緑が美しいと思います。

 

009

 

Shinji Omiya.

AUDI TT Coupe

2017/04/03

img908

 

1年半、楽しませてくれた愛車が昨日巣立っていきました。

ワンボックスカーやSUVが流行りの昨今、

天邪鬼なボクはスポーツカーに乗りたくなる。

BMWのZ4からAUDIのTTクーペへ、

そして、またBMWのZ4を買ってしまいました。

もう一度、同じ車を買うなら、売らなきゃよかったじゃん

って思うけど、TTクーペを体験したからこそのZ4なのです。

やっぱりオープンカーが気持ちいいのです。

ハードトップを閉めた空間の息苦しさはあるものの

天気の良い日のオープンカーは最高です。

 

bmw-z4-2015-8

 

どちらにせよ、ヒップラインの美しい車が好みのようです。

 

Shinji Omiya.